ブログ Blog

 

2019.11.30

雪景色

昨日は全国的に今年一番の冷え込みになりましたが、

蓼科高原もかなり冷え込み、マイナス7度ぐらいまで下がりました。

八ヶ岳山麓標高1500m付近まででは初冠雪となりました。

テラス周辺標高1200m付近では雪は舞いましたが冠雪間ではいきませんでした。

積雪と道路状況を確認する為、ビーナスラインを走行してみました。

11/29朝現在、テラス~白樺湖間ではすずらん峠手前から白樺湖までかなりの箇所で積雪があります。

白樺湖~霧ケ峰高原間、車山高原手前から霧ケ峰高原までここもかなりの箇所で積雪があります。

今後、天候によっては解けてなくなると思いますが、これから蓼科高原、長野県に来られる方は

スタッドレスタイヤ、タイヤチェーン等の滑り止めが必要なシーズンに入って来ました。

天気がとても良かったので車山へ今シーズン初スノートレッキングをしてきました。

スタート地点の車山肩付近では見事の樹氷も出来ていました。

積雪的には5cm未満だったようです。

登山道は雪をかぶっていましたが、滑り止めは要らずトレッキングシューズで大丈夫でした。

登山道には足跡が無かったのでこの日一番乗りのようです。

車山山頂は風も弱く、良く晴れていましたが寒さは真冬並みでした。

多分マイナス10度ぐらいまでは下がっていたのではないでしょうか。

始めは蓼科山や八ヶ岳の山々が雲に隠れて見えませんでしたが、周辺の写真を撮っているうちに

顔を出してくれました。

遠くの雲も徐々になくなり、雪をかぶった富士山や北アルプスの山々も見え始めました。

車山のゲレンデからはこの寒さを利用してスノーマシーンで雪を量産する音が聞こえてきます。

このまま行けば12月14日オープンには間に合いそうです。

が、そうは問屋が卸さないのがここ数年続いています。

今年はどうなるでしょうか?



今シーズン初のスノートレッキングは車山山頂往復2時間半。

天気が良くて気持ち良く歩くことが出来ました。
明日から12月、令和最初の冬が始まります。


ナイトフロント 杉山

季節のイベント

TOPへ