ブログ Blog

 

2019.09.22

始まりました!蓼科高原映画祭

今年も始まりました、第22回小津安二郎記念 蓼科高原映画祭。

9月21日(土)から29日(日)まで

茅野駅近くにある新星劇場と茅野市民館の2会場で21作品が上映されます。

映画上映の他にも様々なイベントも開催されます。

以前は9月下旬の土日の2日間のみの開催でしたが、

2017年に第20回を記念して9日間開催され、今年で3年目になります。

以前の倍以上の映画が上映されるようになり、うれしい限りです。

新星劇場では9日間毎日上映され、茅野市民館は9/28,29の2日間の上映になります。

毎回、多くの映画監督や俳優の方がゲストでいらっしゃいますが、

今年は「男はつらいよシリーズ」寅さんの妹役でお馴染みの倍賞千恵子さんや

一昨年、大ヒットした映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督などがいらっしゃり、

トークショーが行われます。

私は初日に新星劇場で藤竜也さん、倍賞千恵子さん主演の

「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」を鑑賞してきました。

この映画冒頭で夫婦役の藤さんと倍賞さんの会話の中に

妻の倍賞さんが「蓼科温泉行きたいなあ」なんてセリフがあるんです。


新星劇場は茅野駅から徒歩3分ほどの所にある昭和の香り漂う劇場で、

現在は通常営業はしていませんが、イベントなどの時に利用されています。

いまは新星劇場のようは映画館で映画を観る機会はほとんどありませんので、

お時間のある方は是非行ってみて下さい。

映画祭期間中、茅野駅西口ベルビア2Fに小津安二郎監督と脚本家の野田高梧さんの

展示コーナーもあります。 こちらも立ち寄ってみて下さい。



蓼科高原映画祭もすっかり茅野市の秋の風物詩になりました。

映画祭チケットは当日券もありますのでお時間のある方は是非!


ナイトフロント 杉山

 

季節のイベント

TOPへ