ブログ Blog

 

2019.08.01

花の里 ―富士見高原リゾートー

全国的にようやく梅雨が明けました。

いよいよ夏本番ですね。

甲信地方の梅雨が明けてすぐの7/30(火)に富士見高原リゾート 花の里に行ってきました。

八ヶ岳の南山麓にあり、冬はスノーリゾート、夏はお花畑になります。


梅雨明け翌日と言う事もあり、朝からジリジリと太陽が照っていました。

園内に入場するとすぐに広大なお花畑です。

このエリアはロマンスエリアと言って、主に百日草が植えられています。

数は約100万輪だそうです。

この日は視界も良く、お花畑の後ろには南アルプスの山々を望むことが出来ました。

ロマンスエリアのお花畑を歩き、真ん中ぐらいまで来て振り向くと

 

お花畑越しの八ヶ岳連峰、西岳です。

八ヶ岳ブルーがまぶしいです。

最近、八ヶ岳山麓では青空を”八ヶ岳ブルー”と呼んでいます。


なだらかな傾斜のお花畑を通り下って行くと次のエリア、白樺エリアに着きます。

白樺エリアには白樺林の中にヘメロカリスなどユリ科の植物が植えられています。

白樺の木の木漏れ日の下に咲くヘメロカリスは絵になりますね。


この白樺エリアからは自動運転電動カートで標高1400mの創造の森に行く事が出来ます。

約25分、ゆっくり景色を眺めながら登って行きます。

園内からはこのカートか入口近くのリフトで登って行けますが、歩いていけませんので、

自分の足で登りたい方は一度退園して登山道を利用します。

園内の再入場はスタッフの方に申し出れば可能です。

 

創造の森はロマンス、白樺エリアのお花畑と違って自然のまんまに近いエリアになっています。

野鳥や昆虫も多く、私が行った時には渡り蝶のアサギマダラが飛んでいました。

またリフト近くの展望エリアには八ヶ岳に咲く山野草、宿根草の植えられています。

この日は地元の小学生たちも山登りを楽しんでいました。



富士見高原リゾート花の里はテラスから約40分。

入園料のほかに園内を走る花の里カート、遊覧カート、リフトはそれぞれ別料金が掛ります。

お得なセット料金もありますので、乗ることを決めている方はこちらがお得です。

全エリアを回るには半日は必要ですね。

是非、立ち寄ってみて下さい。



秋の紅葉の時期にまた行きたいと思います。

ナイトフロント 杉山



 

季節のイベント

TOPへ