ブログ Blog

 

2019.03.16

晩冬の車山

3月に入って半分ほど過ぎました。

蓼科高原周辺ではまだ春の気配を感じることが出来ません。

3月に入ってから3日に1回は雪が舞っています。

2月下旬にはこのまま春に突入かと思うほどの陽気だったのですが・・・




今週の火曜日(12日)に車山に行ってきました。

スキーではなくスノートレッキング。

ご覧の通り山頂はまだまだ真冬でした。

ビーナスラインの車山肩からスタートしましたが、駐車場も一部しか除雪されておらず、

数台分のスペースしかありませんでした。到着時には一台も止まっておらず一番乗りでした。

アイゼンで行くかスノーシューで行くか悩みましたが、スノーシューにしました。

前日に雪が降り、その雪が夜に冷え込みでまた固まり、その雪をスノーシューで歩いてみると

サクサクっとまるでウエハースの上を歩いているようでした。

山頂には40分ほどで到着。

先月に行った八島が原湿原を山頂から見てみると、すっかり雪で覆われていました。

先月に行ったときは白いのは池の氷ぐらいだったのですが・・・

今はかなり積雪がありそうです、真っ白。

下山はオープン時間前のスキー場のゲレンデの脇を通り車山肩の反対側におり、

そこから山のすそ野を通って元の場所に戻りました。

車山のすそ野、北側はレンゲツツジの群生地で有名なところですが、こちらもかなり積雪で

ほとんどのツツジは雪の下。背の高いツツジがなんとか雪の上に枝を出していました。

もちろんつぼみは堅いままでした。

車山肩の駐車場に無事到着。

約2時間半のスノーシューでのトレックを楽しみました。



蓼科でも日中の気温が10℃近くまで上がる日も出てきましたが、朝はまだまだマイナスです。

周辺のスノーリゾートのほどんどは3月いっぱいでクロースになりますが、この分だとゲレンデ

クローズまでは雪が持ちそうです。


ナイトフロント 杉山

季節のイベント

TOPへ