ブログ Blog

 

2019.02.26

冬?の八島ヶ原湿原

先日(2/23)、2か月ぶりに八島ヶ原湿原へ行ってきました。
 

この時期は積雪が一番多く、

スノーシューやスノートレッキングなどを楽しめる時期なのですが、

ご覧の通り、ほとんど雪がありませんでした。

まるで晩秋か初冬のような風景です。

でも湿原入り口の八島ヶ池には厚めの氷が張っているようで、

よく見ると氷に上に動物の足跡が残っていました。

この日は良い天気で、

日差しも心なしか春に近づいているような気がしました。

でも気温は低く、温度計がなかったので正確には分かりませんが、

木道に残っている氷も溶け出していませんでしたので

マイナス気温だったと思います。

湿原を一周してきましたが、

上の写真のようなに木道、遊歩道の半分以上は雪のない状態でした。

逆に残っている雪の部分は凍っているのでちょっと歩きづらい感じでした。

雪がないとは言えこの気温、

さすがに植物の芽吹きは見られませんでしたが、

このまま積雪がない状態が続くと植物の芽吹きも相当早いかも知れません。

湿原までのビーナスラインには雪が数か所残っていますので

ノーマルタイヤは危険です。

湿原の木道や遊歩道もまだ雪の上を歩かなければならない場所もありますので、

行かれる方は最低でもトレッキングシューズで!


ナイトフロント 杉山

季節のイベント

TOPへ