ブログ Blog

 

2019.02.06

冬の入笠山

昨日(2/5)、入笠山に登って来ました。

入笠山は南アルプスの北の端っこにある標高1955mの山です。

ここ数年、冬のアクティビティスポットとして

テレビの情報番組やロケなどで良く登場してきています。

今回の登山口は富士見パノラマスノーリゾートのゴンドラ山頂駅。

スタート地点の山頂駅は1780mで標高差200Mほどを

約1時間かけて登っていきます。

始めはなだらかな登山道ですが道上の雪は、

前々日の雨と前日の3月下旬並みの暖かさで雪が解け、

そしてこの日の朝の冷え込みでまた凍り、道はカチンコチンでボコボコでした。

20分ぐらい歩くとグリーンシーズンには高山植物でいっぱいのお花畑の斜面に到着します。

ここからは急な登りです。

今は雪で覆われているのでどこを歩いてもOKですが、

ところどころに植物が見えているところもあるのでそこは避け通りましょう。

お花畑を過ぎて森の中に入り、40分ほど登って山頂へ。

ここの道もかなりボコボコでカチンコチンでした。

 

そして山頂到着。

この日の山頂からの視界は360度オールクリア。

上の一枚目の写真は左が中央アルプス、中央が御嶽山、右が北アルプスの乗鞍です。

2枚目は北アルプスの穂高、立山、白馬方面です。

そして入笠山からの富士山はこんな感じです。

やはり雪が少ないので春先に登った感じの景色でした。

この日は営業開始と同時にゴンドラで上がって行ったので、

山頂への到着が一番乗りでした。


山頂を30分ほど独占し、下山してきました。

良い天気でしたので下山途中には多くの方とすれ違いました。


今回はアイゼンを使って登りましたが、

次回は雪がフワフワの時にスノーシューで登りたいと思います。


ナイトフロント 杉山

 

季節のイベント

TOPへ