ブログ Blog

 

2018.11.25

紅富士とモルゲンロート

今週末の三連休は全国的に寒くなっていますが

蓼科高原でも連日冷え込んでいます。

木曜日(22日)の雨は山では雪だったようで、

金曜日(23日)朝、山を見ると標高2000mより上あたりが

白くなっていました。

ビーナスライン周辺のスノーパークもこの寒さを利用して

ゲレンデの雪作りを始めたようです。

上の写真は土曜日(24日)朝の白樺湖畔にあるロイヤルヒルです。

スノーマシーンがガンガン動いていました。


この日(24日)は久しぶりに日の出を見ようと

霧ヶ峰の富士見台へ行ってきました。

連休中という事もあり寒い中でも駐車場には

すでに数台の車が止まっていました。

私は富士見台の駐車場から少しススキの草原の中に入り

日の出を待つことにしました。

 

上空には雲もなく、視界はとてもクリアで、

八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、 御嶽山、北アルプス と

遠くまでくっきりと見えました。

下界の茅野市、原村、富士見町の街の方には雲海も見えます。

 

6時半過ぎ、富士山が赤く染まり始めました。

紅富士に見とれて写真を撮っていると、

背後の方から鹿の鳴き声がしてきました。

何だろう?と振り向くと・・・


 

そこにはモルゲンロートの穂高連峰と沈みゆく満月が・・・

教えてくれたわけではありませんが

絶景を見逃さずにすんで鹿さんに感謝です。

周りの山々をみると

南アルプス、中央アルプス、御嶽山も赤く染まっていました。

モルゲンロート祭りでした。

そして最後に八ヶ岳、天狗岳付近から太陽が顔を出し、

霧ヶ峰高原と照らしました。

気温は車山付近のビーナスラインの温度表示がマイナス5℃だったので

それより下だったかもしれません。

でも寒さも忘れるほどの景色を見ることが出来ました。


でもやっぱり寒かったです。

行かれる方は防寒対策を万全に!


ナイトフロント 杉山




 

季節のイベント

TOPへ