ブログ Blog

 

2018.09.11

初秋の湿原

昨日(10日)、久しぶりに八島が原湿原へ行ってきました。

湿原は秋になっていました。

ススキの穂は黄金色となり、草紅葉も始まっていました。

それでも湿原の周回遊歩道を歩いてみると

まだ花が結構咲いていました。

中でも一番目に付くのはこの変わった花、

ハバヤマボクチ。

まるで紫の栗のようです。

初めて見た時は何かと思いました。

丈も高くとても目立つ植物です。

そして白いブラシのような花は

サラシナショウマ。

この植物の根は乾燥させて漢方に使われるそうです。。

湿原の南側に群生していました。




 

この日は太陽が出ていなかったので気温は15℃ぐらいで、

風が吹くと寒いくらいでした。

湿原一周約一時間、

このくらいの気温だと汗もかかずに気持ち良く歩けます。

トレッキングには良いシーズンなってきました。



ナイトフロント 杉山









 

季節のイベント

TOPへ