ブログ Blog

 

2018.04.08

横河川の桜並木

前回のブログで信州は南信から1か月かけて桜前線が北上すると言いましたが、

今年はちょっと違うようです。

この1週間で南信、中信の桜が同時期に開花し、

あっという間に満開まで来てしまいました。

桜の名所の高遠城址公園や飯田市内、上田城、松本城などでは

既に見ごろを迎えています。

例年より1週間から2週間も早くなっています。

茅野市街地や諏訪湖周辺でも見ごろになってきました。

上の写真は昨日行ってきた岡谷市の横河川の桜並木です。

テラス蓼科からは50分ぐらいで、諏訪湖の岡谷側にあります。

この桜並木は諏訪湖河口から約4kmにわたりソメイヨシノを中心に

約400本の桜が連なっていて、夜にはライトアップもされます。

桜並木の入り口の諏訪湖畔の駐車場に車を停めて、

横河川の土手を歩いて行きます。

遊歩道になっているところもありますが半分は車も通れる道なので

写真を撮る際などは、車が来ないかを確認しましょう。

 

桜のトンネルを20分程歩いて行くと、レトロな塔が現れます。

これは昭和30年代、岡谷では信州みその製造が盛んで、

その時に作られた広告塔だそうです。

この塔の近くには中央線の線路があり、撮り鉄の方達の撮影スポットになっています。

私も運よく電車が通ったので撮ることが出来ました。

線路をくぐった先にも桜並木がずっと続いています。


駐車場から往復で約2時間、のんびりと桜散歩を楽しみました。

桜並木の入り口近くには日帰り温泉の施設もありますので、

散歩のあとに入るのも良いかもしれませんね。

昨晩は蓼科では雪がちらつきました。

週末から来週にかけて低めの気温の予報が出ています。

これで桜の見ごろの時期が長引けばいいのですが・・・


ナイトフロント 杉山

 

季節のイベント

TOPへ